男性としての自信を損なわないためにも勃起力は常に鍛えておくといいでしょう。若いうちは、大丈夫ですが年齢を重ねるにつれて、男性の場合は勃起力が失われていくからです。特にデスクワークをしている人や長時間パソコンをしている人は衰えやすいといわれています。

勃起不全になることで自信がかなり失われるので注意が必要です。EDになるまえに予防が大切ですが、もしもEDになった場合には解消方法を知っておくといいでしょう。食生活と運動と睡眠の三つによって、勃起不全はおこります。不摂生ばかり行っていたり、栄養のバランスが偏るだけでも血流が悪くなり、下半身に血が集まらなくなるからです。勃起力を促すためには、山芋や牡蠣やすっぽんといった効果のあるものを摂取するといいです。食事に関しては個人差があるので、自分の体と相性のいいものを選ぶといいです。相性に関しては、摂取しながら勃起力を見極めていくといいでしょう。睡眠に関しても寝不足がちな人よりはしっかりと睡眠をとっている人のほうが勃起力が高いです。良質な睡眠を心がけるだけでも全然違います。

最後に一番大切な運動です。部屋に引きこもりがちだったり、歩いたり走ったりしないだけで血流の流れが悪くなります。定期的な運動をすることによって、血流の流れがよくなり、勃起不全の予防につながっていきます。運動の中でもED解消に役立つといわれているものが三つあります。

この三つの運動を日々の生活に取り入れることによって、EDの解消をすることができます。運動をするときには即効性を求めないようにしなければいけません。EDになる過程に関しても長い間の生活習慣や運動不足によって引き起こされるものです。回復をするときにも4週間や12週間といった期間を見ておく必要があります。

EDがわかって、その日に運動したからといって次の日に良くなるものではありません。そのため、運動を習慣化し、続けることによって少しずつ勃起する力が回復してきます。短期間であきらめる人は、まずは3週間や3か月といった期間設定をすることから始めていきましょう。また、勃起不全ではない人でも勃起力をあげる筋トレをすることによって、効果を実感することが出来ます。
自宅でもできるトレーニングなので、取り入れてみるとそれまでとは違った硬度を手に入れることが出来ます。根気強く毎日行うことが大切なので、計画表やトレーニングのメニュー表を作るのもいいです。

勃起に効果がある筋肉のトレーニング法

勃起不全の人はスクワットから取り入れるといいでしょう。スクワットをする時間も長時間ではなく、3分から5分程度でも効果を実感することができます。スクワットをするときにも息を吐きながらしたり、腹式呼吸を取り入れることによって、効果をあげることができます。また、スクワットをするタイミングもバラバラにするよりは一定のルールを決めるといいでしょう。

お風呂上りにしたり、朝起きたらスクワットをするなどすると、一定の習慣を身に着けることができます。習慣化するまでには3週間ほどかかるので、毎日継続して行うことによって勃起力を上げることができます。
スクワット以外にも肛門運動を取り入れるのもいいでしょう。どこでもできる運動なので、日常生活にも取り入れやすいです。やり方としては、お尻の穴をぐっとしめて、その状態を10秒から15秒キープします。そのあとにゆっくりと力を抜きます。この動作を5回くらい毎日行うだけでも血流がよくなります。実際に肛門運動を行うことで、血流の集まりが格段に上がることを実感できるでしょう。
最後の方法は筋トレをすることで、筋トレをすることによって男性ホルモンを増加させ、勃起不全にも効果を発揮します。筋トレなら何でもいいですが、重いものを持ち上げるものが効果が高いです。