EDの症状に悩む成人男性が、この頃増加して来ました。食生活の変化や労働環境の悪化、ストレスフルな社会環境の出現など、様々な原因が考えられます。
深刻なEDに悩む男性もいれば、ごくたまにEDの症状が出る程度といった比較的軽い悩みを抱える男性もいます。具体的な症状は十人十色であり、本当にセックスが全く不可能になる男性もいれば、反対に中折れに苦しみながらも毎晩一応セックスは済ませることが可能、と話す人々もいます。ただ、いずれにしても勃起力が健康的な値よりも減退しているのであれば、それは立派な体調不良です。

ただ、勃起不全の体調不良に苦しむ男性陣の中には、特定のシチュエーションに限り、ペニスの勃起力が唐突に喪失する症状に悩む人々がいます。その特定の状況ですが、いわゆるコンドームを利用してのセックス時です。コンドームをペニスに装着してセックスを始めると、なぜかいつも高確率で中折れが発生する、こういった症状に心当たりがある成人男性が一定数、いらっしゃいます。コンドームを利用してピストンを開始すると、本人の意思とは別に、高確率でペニスが萎えてしまうので自分は深刻なEDだと思う男性も多いですが、そういった方々の多くが、いわゆる生挿入すると、通常通りペニスの勃起力が継続し、最後まで快適なセックスが続けられます。

コンドームを利用した時に限り高確率で勃起不全の症状が出る原因ですが、主に2通りの要因が考えられます。まず1つめの原因ですが、コンドームを装着する間に男性の興奮が落ち着いてしまうデメリットが考えられます。まだ子供を作りたくない夫婦はコンドームをよく利用してセックスをします。それ自体は計画的で良い事ですが、コンドームを使い慣れていない男性は装着に手間取ります。

コンドームはペニスに正しく装着しなければ避妊対策になりませんので、正しく装着しようと何度も何度も付け直しをしていると、その間にセックスのムードが壊れてしまい、男性の興奮が落ち着いてしまい、その後無事に装着出来たとしても、ペニスの勃起力が通常時より低下し、勃起不全が現れてしまいます。2つめの原因として考えられるのはコンドームの素材による感度の低下です。生挿入するとペニスは問題なく100パーセントの力で勃起するのに、コンドームを装着してピストンを始めると急に萎えてしまい、その後再び勃たない症状に悩む男性は、ゴム素材の厚みによってペニスの感度が低下してしまっていると考えられます。

EDを和らげるコンドームもある

コンドームは計画的な性生活を守る大事なアイテムです。いわゆる危険日を避ければ、生挿入でセックスをしても、確率的には妊娠に至ることは少ないです。しかし、生挿入でセックスを毎晩楽しめば、一夜あたりの妊娠確率は低くても、いずれは妊娠してしまいます。

コンドームを利用した時に限ってペニスが勃たない症状に悩む男性は、普通の製品を使うのではなく、EDを和らげる効果を持つコンドームに乗り換えてみましょう。今では様々な男性的な悩みを解決してくれる特別なコンドームが用意されています。ゴムの素材や成分がEDの予防に役立つ、ED緩和効果を持つ新製品を使えば、避妊をしながらペニスが勃たない状態を解消出来ます。

また、ED緩和効果を持つ新製品を一定期間、継続的に利用すれば、いわゆる条件反射の改善も目指せます。普段から通常の素材の製品を使い、それが原因で勃起不全の症状に悩んでいた男性は、コンドームイコールED症状になる、という思い込みが脳に刷り込まれてしまいます。それが新素材と新成分のED緩和の製品を使えば、過去のトラウマが上手く克服していけます。

一定期間、新製品を真面目に使い続けることで、普通の素材の製品にも条件反射を起こさなくなる改善効果が期待出来ますので、生挿入以外の時にどうしてもEDになる方は、使う製品を一度、専用の製品に乗り換えてみるべきです。