年齢とともに、性の悩みは増えてくると言われています。特に男性においては、勃起不全ということで、全く勃たないということで悩んでしまっている方も実はとても多いのですが、人に相談しづらいということもあり、一人で悩んでしまうということもあります。

EDとも言われている勃起不全ですが、妊娠を希望されている夫婦にとっては重大な悩みですし、もちろん通常の夫婦生活においても、パートナーとの関係も悪くなってしまうということもありえます。何よりも男性自身が自信をなくしてしまったり、結婚していないとしても、恋愛がうまくいかなくなってしまったりすることもあるかもしれません。

お酒を飲むことで、勃たないという症状が起きてしまったり、中折れしてしまうこともありますが、一時的な事であればだれでも起こることですので心配することはありません。しかし、毎回勃たないということになりますと、やはり専門機関を受診して診察をきちんと受ける事をおすすめします。

ED専門のクリニックもありますし、中折れということでしたらサプリメントなどでも増強剤、性欲剤として使用している方も多いかも知れません。さまざまなアイテムが出ていますので、まずは口コミ評判などでも試してみるのも良いでしょう。それでも効果が実感できない場合には、専門期間を受診してみましょう。

勃起不全(ED)にも原因は色々と挙げられます。もちろん年齢を重ねるごとに、勃ちにくくなるということは誰にでも起こることですし、老化現象の一つでもありますが、20代~40代の男性ですと、心因性のものが多く、40代以降は器質性、つまり加齢、慢性疾患(糖尿病、心臓病、動脈硬化、うつ病)、骨盤・膀胱や前立腺、直腸の外傷や、手術などにより、勃起に関係する神経や血管が損なわれたことが原因となってしまうこともあります。

マスターベーションでは射精が可能なのに、膣内では中折れしてしまい、射精出来ないというケースもあり、腟内射精困難症などの精神・心因性のインポテンツでは、行動療法、心理療法が治療として行われていきます。こういった方法で効果が無い場合には、クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)、塩酸バルデナフィル水和物(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)などを用いる方法で治療を進めていくこともあります。
市販のサプリメントなどで効果が出る場合もありますが、それでも効果を感じられない場合には、医療機関で相談してみましょう。

バイアグラで治療を行う

勃起不全(ED)の場合には、クリニックを受診することでバイアグラを使った治療をしていくこともあります。バイアグラは、比較的多くの方に効果がみられる強い薬なのですが、医師の処方箋がないと購入することができません。
もちろん個人輸入などの方法で手に入れることができる場合もありますが、自己責任での使用ということになりますし、検査をしてから使用したり、経過を観察しながら使っていく方が安心です。
バイアグラなどの薬をを希望する方は、内科、あるいは泌尿器科、また専門クリニックをを受診して、血液検査、心電図などで異常がなければ処方してもらうことができます。ED治療薬で効果が見られない場合には、泌尿器科に受診することが必要となってきます。

その方によって、症状も異なりますし、心因性の物だけではない場合もありますので、やはり原因を知るということから始めていく方がおすすめです。多くの方が悩んでいる問題でもありますし、一人で抱え込まずに、まずは専門的なクリニックで相談することから始めてみると良いでしょう。悩みを解消することができますし、バイアグラを使う事で、勃たない、中折れしてしまうといったことも、解決できるケースが多いです。