女性との性行為中、挿入段階になって入れようとしたら中折れをしてしまったという経験がある男性も多いようです。年齢によるものなのか、ストレスなどの心因性のものなのか、それともオナニーのし過ぎなのか、人それぞれ異なった原因が考えられます。女性からすると、途中で中折れをしてしまうということは女として魅力がないのかと悩ませてしまうことが考えられますので、なぜ中折れをしてしまったのか、その原因を考えてみることが大切です。また、間違ったオナニーをしていると中折れしやすくなることもあるのです。

性行為中の中折れはオナニーが原因かもしれません、男性にとってオナニーは必要不可欠な行為です。しかし、間違ったオナニーの仕方をしていると、女性との性行為中に不具合が出てしまうことに繋がりますので注意しなくてはいけません。例えば、床オナと呼ばれる勃起をしていない状態のまま、毛布や布団など柔らかいものの上でうつ伏せになり、腰を上下に運動させるオナニーをしていると、勃起をしなくても射精することが可能になってしまいます。勃起状態での射精が難しくなってしまう為、床オナは性行為をする際にデメリットが大きいと言わざるを得ません。床オナを続けていると、通常の性行為では射精どころか勃起するのも難しくなる為、なるべく手淫に切り替えることが大切です。また、足をピンと伸ばした状態での足ピンオナニーも原因の一つです。足ピンオナニーは、通常の性行為ではあまりない体位であり、足をピンと力を入れないと射精へと導くことができなくなってしまいます。足ピンオナニーが当たり前になっていると、女性との性行為中に足に力を入れることが出来なくなってしまう為、遅漏気味になってしまったり、射精まで至らずに中折れしてしまうことも多くなってしまいます。このようなちょっと癖のあるオナニーをしていると、性行為では射精することができなくなってしまいます。

性行為中に中折れしたことがある人の中には思い当たる人も多いのではないでしょうか。特に寝転がってしているとつい足に力が入ってしまい、簡単に射精できてしまうのでそれが定番化しているという人も多いようです。

オナニーをする時には、性行為を前提とした仕方をすることが大切であり、強い刺激に慣れすぎるのも良くありません。できれば、道具などを使用せずに手を使って優しく刺激するようにしてください。また、画像や刺激的な動画を見過ぎてしまうのもよくありませんので注意しましょう。

そもそもオナニーはしなきゃいけないのか

男性にとってオナニーは必要なものと認識されていますが、絶対にしなくてはいけないのかと言えばそうではありません。しかし、精子というのは毎日作られていますので、自分自身が望まなくても射精をしたいと体を訴えてきます。オナニーをしなくても夢精という形で射精できれば体的な問題はありませんが、そうなる前に射精をしておくことが健康な体を維持する為には必要なのです。性欲がないから、射精しなくて良いと考えている男性も多いでしょうが、健康な体を維持する為には適度に行うことが大切とも言えます。

ただし、オナニーのし過ぎは女性との性行為に影響を与えてしまうことが少なくありません。強い刺激でしか射精することができなければ、遅漏になってしまうこともありますので、適度が良いとされています。
また、その逆に早漏対策にオナニーは有効とも言われています。オナニーはしなくても良いものではあるものの、しないと困るものであることも間違いありません。健康な男性であれば、定期的な射精は必要不可欠です。その際には、正しい方法で、道具や強い刺激を与える動画などは利用せずに、射精するようにしましょう。また、性行為中の中折れ時には女性のフォローも忘れないことが大切です。